治療法の決定と処置当日(レーザー蒸散術)と経過観察期間:レポ04

こんにちは。

Mayurikiです。

今日は前回の続きから。

スポンサーリンク

<私が選んだ治療方法は?>

今回は、もう一回担当医師に頼んで設けて貰った診察日です。

 

私としては既に決まっていたのですが、

家族にも(と言うか主人に)一度、”話を”と思いました。

主人に話した答えはあっさりしたもので「レーザーでしょ?」と。

 

(確かにそうだけどさ…。と、内心思いつつ)

実際私としては今まで入院は出産の時以外

した事が無かったので入院は嫌でした。

(はい、終了。笑)

 

実際、そこまで大掛かりな手術が必要なのかと疑問視していた点は否めません。

体に症状などは出ていなかったので。

(今思うと、症状が出るのはガン化してからと言う事が良く分かります)

 

なので、もし進行していた場合は再度治療が必要になるけど

その時は素直に円錐切除術にしようと思い、今回はレーザー蒸散術にしました。

 

担当医師にも伝えると「分かりました」という事で次の予約をして

終了となりました。

(処置もいつも診察の隣にある診察台での治療になるので

大掛かりな物はないという事でした)

 

<治療当日>

bf4c648317231ab3e108c9112a952aeb_s

この様な事はなく…(想像はこうしてました。笑)

治療、当日は

いつも戻りに診察を待つ感じでいました。

 

呼ばれて部屋に入ると担当医師ではなく別の男性医師。

しかも偉い人な感じです。

(教授とかだった様な・・・)

 

そして、今日の治療の説明を聞いていると

ううん?聞いてないぞ…?」という事があり

ちょっと押し問答な時間があったりしました‥

(私が怒っているというより教授が担当医師に怒って呼びつけていました…)

 

ですが、そのまま私も今更変更する気にはならなかったので

そのまま治療する事に。

 

<いざ、治療開始!>

1057926

診察台に乗るといつもより明るく、

人も沢山いる気配と沢山の医療器具が置いてありました。

 

まずは触診、視診をしたのちに治療が始まります。

そして、この後こんなに辛いものなのか…とその時は知る由もありません。

 

レーザーを照射する前にまず局所麻酔をするのですが、

これがまず痛い!痛い!

一回ではなく何か所も射すのでその度に仰け反りそうになるのを堪えます。

 

その後麻酔が効いたのを確認後にレーザー治療が始まるのですが、

このレーザーで子宮頸部を焼かれる音と臭いが辛い。

かなり生臭い匂いが漂います。

 

この二点を乗り越えれば後は大丈夫です(何がだよ!)。

 

<処置時間は?>

時間としては処置している時間は30分掛かっていないと思います。

(麻酔の為少し待っている時間も含まれています)

9aa7e627eac5e2a8ef89c40d1c0f6a05_s

それでも、内心は「何でこんな大勢の前で股広げて私何してるんだろう…?」と

泣き笑いしていたのを覚えています。

 

その後は消毒して終了です。

そのまま診察室に戻り先生と次回の予約を取って終了となりました。

まさか誰もこの診察室でこんな事が行われているとは気づきもしないと思います。

 

<術後は>

因みに1週間のお風呂は禁止でした。

出血は1週間しない位で終わりました。

(瘡蓋とは気づかずドロッとした物が出た時は焦りました)

 

治療費についてもこの日掛かった金額も1万円以下でした。

 

その後1か月後に子宮の状態を見る為の診察があり、

それからは最初の3カ月に1度定期健診(一年間位)がありました。

(毎回めん棒で拭う細胞診が行われます。結果は3週間後の電話再診になります)

 

<経過観察>

827d19370decea83764c6987f7d04708_s

その次の年からは6カ月に一度となり~5年間の経過観察となりました。

それがクリアされると晴れて根治となり大学病院での受診は終わりになりました。

文字で書くとサラッと終わった様に感じますが

実際は毎回の診察の後、電話再診で検査結果を聞くときは

ドキドキします。

 

こうして1回、また1回と定期健診を重ねて

無事に5年目を迎えられた時にはホッとした気持ちになりました。

これが私の最初の子宮頸がんの出会いから

1度目の「高度異形成」の治療の軌跡です。

 

スポンサーリンク