体験レポ07:初めての入院当日「子宮頸がん高度異形成による治療の為レーザー蒸散術」

こんにちは。

Mayurikiです。

今日は前回の続きから初めての入院編です(ちょっと言ってみました)。

<入院当日・1日目>

入院当日は朝9時から入退院センターでの手続きの順番待ちでした。

(この時に手続きの他に病室選びと

栄養管理士による入院食によるアレルギーなどの問診がありました。)

 

<いざ、婦人科病棟へ>

それから10時過ぎに病棟に向かいました。

病室に着いたのは10時半頃でした。

412773fc82aa87c9d767b4395c0dbd2d_s

病棟に入ると本当に沢山の病室があって患者さんがいる事に驚かされます。

私は病室の希望は特になかったので4人部屋でした。

(残念ながら窓際じゃなかった)

 

<本日のご予定は>

1645192

それから病院着用の服に着替えて病室担当看護師さん、

侍医とフェローと入れ替わりご挨拶をして

 

入院の流れ(カンファレンス)と書類のサイン

(手術の同意書にサイン…ドキドキします)をして居たら

あっという間にお昼になりご飯を頂きます。

(ご飯は常食という普通食です)

 

ご飯の後に血圧測定、検温を済ませて用紙に記入しておきます。

そこからは自由時間です(笑)

 

家族もお昼前に帰って行きました。

たまに、声掛け(持病の薬や検温、血圧測定、健康状態のチェック)はありますが

痛みなどの症状もないので直ぐに終わってしまいます。

3f501dd5ad03d04a62bc5e46217d0a2b_s

なので大量に借りて来たDVDをひたすら見ていました。

(案外、これは私としては良かったです!

理由は周りの音が気にならず居られました)

 

夕方になり家族が再度戻ってきました。

(担当医の先生が他の病院で手術中との事で終わる時間帯を教えて貰い

その時間に再度きて貰える様にお願いしておきました)

 

侍医の先生とフェローの方が来て診察室に移動するよう案内されます。

(フェローという言い方は今は正しくないかもしれません)

 

私は主治医の先生が戻ってきたタイミングで術前の最後の診察を受けました。

この時に診察台で診察をしてくれた侍医の先生の診察の仕方に驚かされます。

 

「痛ーーい!!」

 

一瞬何が起こったか分からずにあまりに痛くて仰け反りそうになります。

膣を開く器具を回すので毛が金具に絡まり毛が抜けて、痛い。

998619cc6d3e90225ab6f592941977d5_s

雑、雑、雑。(はあ~早く終わらないかな)

目から自然に涙が…

(ワーストリスト入り決定。笑)

 

その後診察はやっと終わり

家族が呼ばれ一緒に現在の病状についてと

治療の方法(事前に伝えてあったので最終確認のみ)などを主治医の先生から

話を聞いて家族に同意書にサインをして貰いました。

 

それから家族はご帰宅。

(明日の執刀は主治医の先生がしてくれるので問題ないとは思いますが

不安がよぎります)

 

私は夕ご飯を食べてシャワーに入って消灯まで

ゆっくりDVDを見て過ごしました。

(途中で看護師さんがチェックには来ていました)

シャワーしかないのが残念な所です。

 

一日目終了です。

おやすみなさい。

d3863f298fbd71964f6dad7ebe3f6577_s

 

<追伸(まったく関係ない話)>

私がInstagramでアップしている画像は病気とは関係ないです。

私の何気ない日常の1コマです。

 

大袈裟な物ではないけど、私にとってはほっこりとする1コマを

一緒に共有できればいいなと思いアップさせて頂きました。

 

この病気と出会い、経験した事で大袈裟ではない

この日常が私にとっては

退屈とは無縁な日々となりました。

(ちょっと久しぶりに編み物をやってみたり‥結局挫折。笑)

今生きてる事に今日一日を無事に終えられる事に感謝です。

2件のコメント

  1. ピンバック:入院2日目。手術当日(子宮頸がん高度異形成によるレーザー蒸散術) | MY LIFE.

  2. ピンバック:いくらかかる?治療に掛かった費用公開(まとめ) | MY LIFE.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です