生涯に経験する総生理回数は454回!日数にすると8年7カ月も!生理の気になる話。

こんにちは。

Mayurikiです。

今日は、「生涯に経験する総生理回数は454回!日数にすると8年7カ月も!生理の気になる話。」をテーマに生理についての話です。

前置き「生理って憂鬱?」≫

女性と言う”性”を授かってから”初経”を迎えて、”閉経”を迎えるまでの数十年間に渡って月に一度は必ず訪れる”生理”。

生理のイメージってどんなイメージでしょうか。

憂鬱?

特に、2日目なんて最悪?

めんどくさい?

 

理論的に生理期間のはなしをすると平均初経年齢12歳2ヶ月~平均閉経年齢50歳までとすると…

人生の中で年数にすると37年と10カ月間となり、月1回生理が来ると…総生理回数は454回!

(出産、妊娠期間は含まず)

 

更に、言えば1回の生理期間を一般的イメージで1週間とするならば…

7日間×454回=3178日間となり、つまり8年7カ月間も生理日が続くということになります。

 

これって、結構馬鹿に出来ない数字では無いでしょうか。

この8年7カ月もの年月を憂鬱な日として過ごす期間にしますか?

更に言えば…

もし、それが自分で招いていたとしたら…どうでしょうか。

そんな、無駄な事って無いですよね。

 

初めての初経にまつわるよく”あるある話”。

あなた自身が生理が訪れた時に手に取る物は何でしょうか。

私自身、初めての初経を迎えた時には学校の女の先生と母のアドバイス通りに生理用ショーツと紙ナプキンを何の疑いもなく選びました。

それからは、夏などの湿気がこもりやすい時期などに皮膚がかぶれる事があり自分でメーカーなどを探して自分にとって最適な紙ナプキンを選んでいました。

逆説?生理用品から見えてきた‥?

私自身が生理の鈍痛があまりにもひどくなっていたのは妊娠、

出産も終わった20代中ごろの事でした。

 

仕事中にも生理痛が酷く、辛い日にはその日1日を何とか耐える事で必死でした。

腹巻をしたり、ホッカイロでお腹を温めたり、

血が多くなるからという事でチョコレートを控えてみたりとしましたが…

一時事的には軽減されますが、

根本的解決には至らないのが現状でした。

 

そんな時に、一冊の本に出合いました。

生理が楽しみになる本」です。

 

もう、タイトルからしてそのまんまなのですが…

この本に出合った事で私自身、

”もしかして、自分で招いていた?”と気づくきっかけとなりました。

 

それから、紙ナプキンから布ナプキンに変えて初めての月経の日…衝撃を受けました。

 

生理が痛くない、辛くない”。

 

たったこれだけで?

更に興味を持って知識を得ていく中で実践的に経験したことによって、私自身に起きた変化は確信に変わりました。

それからは、生理との付き合い方や心のモチベーションにも大分変化が訪れましました。

 

知ってました?ちょっと昔はこんなんだった?

今から7~80年前の当時の女性(戦前まで)の生理回数について、こんな話があります。

 

生涯の月経回数は約50回と生理そのものの回数が少なかったので、生理痛もなかったのでしょう。

「生理が楽しみになる本」P19より引用

 

-50回とは、驚きですよね。

現在の454回と比べると…昔に比べて約10倍近い数字になります。

昔は子供を沢山産み、母乳で育てていました。

現在は、晩婚化と産む子供の数が減ったことにより、生理回数が増えたという実情が分かります。

更に言えば…女性の身体のリズム周期を無視した深夜残業や不規則な生活、食習慣など。

これは言わば現代になって”生理が辛くなりやすい環境になっている”という事が言えるのではないでしょうか。

”総生理回数”なんて私自身今まで気にしたことがなかったのですが、

こうして現実的数字として見てみるとその多さ、長さに驚かされました。

8年7カ月という長い時間を共に過ごす生理をただ憂鬱なモノと決めつけずに”もっと私らしい生理ライフに変えてみよう”と思うきっかけになれば幸いです。

更に、気になった方はこのままにせず生理についてもっと調べて知って欲しいなと思います。

 

次回は”楽しい生理ライフを送るために”第二弾として「生理のメカニズム」をお伝えしたいと思います。

 

 

あとがき≫

私自身は、既に生理は終了となってしまっていますが…今回は実際に以前私自身が経験した体験談から考えもしなかった総生理の回数などを紹介させて頂きました。

こうした記事を書くきっかけになったのは私自身の経験と共に、友人の子供達との会話からでした。

 

彼女達の年齢は当時中学2年生でした。

学校行事で集まる機会があり、ふとした時に生理の話になり私自身としては何気なく話していたのですが…凄く共感と共に興味深く聞いてくれて、友人からも「知らなかった~!」と言われたのが印象的でした。

 

確かによくよく考えてみると…私自身も詳しい知識を知ったのは20代になってから書籍などを読み自分自身の身体と向き合い試行錯誤した結果でもありました。

初めての初経から、小学校の時の先生と母から生理グッズの話は聞きましたがそれは紙ナプキンの使い方と種類などに留まっていました。

 

ですが、本当は色々な選択肢を知る事、生理自体の根本的メカニズムを知る事は何ら恥ずべきことでもなく、むしろ上手に自分の女性としての”性的メカニズム”と付き合う術だと思いました。

こうした知識が広く女性達、女の子達に伝わり楽しい”生理ライフ”となって頂けたら幸いです。

 

では。

 

 

書籍紹介≫

漫画と共に楽しく”生理”が学べる一冊になっています。

気軽に読めて分かり易い内容が初めての一冊目としてピッタリではないでしょうか。

因みに、私の初めての一冊目もこちらでした。

 

参考資料≫

第12回全国初潮調査結果/大阪大学大学院人間科学研究科・比較発達心理学研究室