術後2回目の診察(子宮頸がん1b1期により開腹式広汎子宮全摘術後・体験レポ36)

こんにちは。

Mayurikiです。

今日は退院後、2回目の診察日です。

今までの記事はこちらから。

<診察DAY>

 

今日は午前中に婦人科の診察で午後に泌尿器科の診察と一日病院の日です。

<婦人科>

 

まず婦人科では今日も細胞診と触診

経過観察(傷の具合は良好なようです。もうお腹の傷には見向きもされません。笑)

順調とのことです。

いつも器具を膣の中でぐるっと動かされるのは慣れません。

まだ、痛みがあります

 

ですが、主治医に伺うと痛み止めは欲しい、必要と言われれば処方しますが

我慢できる範囲なら無理して飲む必要もないですよとのこと。

(気休めですね。。私には院内処方の痛み止めは合わないので今回辞めましたが、

後で院外処方が出来ると知ってちょっと後悔したのは言うまでもありません)

 

腸の腫れはまだ引かず、これには個人差があるという事でぽっこりお腹は継続です。

(これは腸の腫れ+反り腰もふくまれていると思います)

そして、泌尿器科についてはもうそちらで見て貰って下さい。とのこと。

残念…

 

次回は2か月後です。

<泌尿器科の診察の前に>

午後、泌尿器科へ。

前回の診察時に「次回は診察前に来てほしい」と言われたので

早めにという事で1時間前に行くも

結局呼ばれた(看護師が休憩から戻って来たのが)のは1時間後(-_-;)

(前回の時に確認して居るようにするって言ったじゃないかーーー!!と、

心の中で何回も唱えて待っていました(; ・`д・´))

 

 

トイレに行くなと言われて「出そうな状態できて下さい」と言われて

1時間。本当に気が遠くなりそうでした(;_;)

と、恨みつらみはここまでで。失礼しました。

 

結局診察時間になって呼ばれて行くと

開口一番に看護師さんに謝られました。(許します!笑

 

 

(マットや水栓部分もない、これよりもっと簡素な感じです)

診察とは別の隣の隣の隣位にある検査、処置室へ。

そこにはカーテンで囲われた便器のみの場所が。。

終わったら声かけて下さい」と言われて看護師さん立ち去る。

 

結構シュールな感じ

気恥ずかしさもありつつ、意を決してスカートとショーツを下ろして

いざ、お小水!

 

便器の中の底の方に円盤が高速回転で回ってます

その音だけが響きながら終了。

 

そのまま身支度を整えて声を掛けるとそのまま

カーテンで隠れていた場所には診察台が。

そこに寝そべりお腹(下腹部)を出して機械でピッと計測

これで膀胱に溜まっている尿の量を計測。

残尿は0”という事でした。

(まぢ?!なんだかまだ残尿感あるような…)

 

計測は終了。

 

診察の順番が呼ばれるまで、待合スペースで待機。

私はそのままお手洗いへ。

案の定、少し出ました。笑

でも軽量したらきっと5mlくらい。

<泌尿器科診察へ>

自分の番が呼ばれ診察室へ。

検査の結果は尿の勢い、残尿ともに良好

ですが、先ほどの残尿感を話すと少し先生残念気味(+_+)

それでも順調に回復しているという事でした。

 

 

診察する二日前分の尿の軽量結果を先生にお知らせ。

まだまだ残尿が自尿を上回っている時(朝と夜)もありますが、

昼間は自尿>残尿の回数も増えて昼間は導尿なしとなりました!

 

(*ノωノ)わーい!

 

次回の予約(3カ月後)とカテーテル、潤滑剤を処方して貰い本日の診察は終了です。

待ち時間の方が長い一日となりました。

 

<診療費>

婦人科3,950円

泌尿器科8,280円(1カ月分でも3か月分でも金額に大差なし)