退院後3回目の婦人科診察。術後の性交渉について聞いてみた(体験レポ37)

こんにちは。

Mayurikiです。

今日は退院後3回目の婦人科での定期健診です。

今までの記事はこちらから。

<3回目の婦人科定期健診前に>

今回から診察前に血液検査を行ってから

検査結果を基に診察が行われました。

マーカーの値が1つの目安となるようです。

マーカーの値と細胞診の結果、触診、視診によって

再発のリスクを見ていくようです。

<いざ、診察へ>

結果は値に変化なし、触診、視診共に問題なし

細胞診の結果は3週間後の電話再診にて分かります。

 

 

今回から今までの主治医じゃない人が担当する事に。

良い意味でどうやら外れた様です。

今度からはその都度違う医師たちによって健診は変わるようです。

不安はありましたが、

むしろ今回担当して頂いた医師はとても優しく話を聞いてくれる方で安心しました。

<気になる事聞いてみた。術後の性交渉について>

今回3回目の健診になり、手術から4カ月ちょっと経ちます

色々な書籍を読み術後の性交渉について今回相談しました。

 

 

担当した医師に話すと「勿論、性交渉は問題ない」という事でした。

(以前の主治医はそう言った話をして頂けてなかったので…)

<私の術後初めての性交渉の正直な感想は>

ですが、実際に私が性交渉をしたのは術後から3カ月を過ぎた頃でした。

結果は、最悪

(この言い方には語弊がありますが…)

大量の出血と激痛

 

<周りに情報がない…>

全摘術を行った後の性交渉について書かれているものはあまりなく

身近に同じ経験者の方も居なかったので相談できなかったので

医師に直接聞いてみることにしました。

(ある人のブログでは問題なかったという方もいたり、

手術後からセックスレスになった夫婦の話などは読みました)

<術前と術後の違い>

確かに術前と術前では変わるという方の記事を読みました。

ですが、何がどう変わるのかが分からないでいました。

(主治医もそういった話は皆無でした)

<そして今回担当した医師に問題を相談してみると‥>

医師に相談するとまず、「出血は起こり得る」ということでした。

実際「膣の先は縫われているのでそこから出血する」ことはあるそうです。

その後出血はその日の内に収まった話を伝えると、

それならば大丈夫」という事でした。

(「それからも続くようなら連絡して下さい」。とのことでした)

痛みについても

膣の一部を切除しているので”今までより膣の長さが短くなっている事”

そして先が縫われているのでそこを刺激する事によって痛みが起きる

という事でした。

そして、一番ビックリしてショックだったのが”何も感じない”。

あまりに痛みが酷くて分からないのかと思いました。

でも、違いました。

何も感じない

 

 

もう、正直モチベーションだだ下がりです(主人には申し訳ないですが)

そしてその答えが医師からの答えに一つの仮説を思いつきました。

膣の1部を切除している

(この記事については別の所で更に詳しく書きたいなと思います)

<相談した結果…>

とりあえず、上記の事について医師に相談したら

医師の方でも何か対策や症例などはないか調べてくれる

という事で今回の診察は終わりました。

それともう2つが潤滑油を使うという事と、

(診察後に即効でポチリました)

回数を行う事により徐々に痛みや出血は落ち着くという事でした。

膣が伸びて柔らかくなってくる

まさか、こんな風に変わるとは正直思わなかったです。

次回は3回目の泌尿器科受診です。

<診療費>

2,200円。