退院後のファッションについて(開腹術後)

こんにちは。

今日は開腹術後の退院後のファッションについてです。

<その当時>

私は、2019年に開腹術による広汎子宮全摘術を受けました。

その際に開腹した事により腸が空気に触れることによって腫れ、

リンパ節切除によるむくみがでてしまい

あまりピタッとしたりタイトな服装は出来ませんでした。

(スキニーパンツやデニムなど)

なのでここでは私が実際に体験し実践していたスタイリングを紹介したいと

思います。

 

<私が退院した時の服装は?>

まず退院の時の恰好はメンズのXLサイズのトレーナーをワンピースとして

そこにレギンスを合わせて着用しました。

足元は勿論スニーカーです。

(因みに隣の病室に居た方は退院の時、タイツにスカート×ニットでした)

<開腹手術後のおすすめアイテムは?>

お腹が苦しくない物が一番です。

〇 ワンピース

〇 レギンス

〇 ウエストがゴムタイプのスカート、パンツ

で、素材はレーヨンやコットン素材でもハリ感のない

トレーナーやTシャツ生地の様なタイプがお勧めです。

逆に、

× 硬い地厚タイプのデニムやコットン素材など

× ウエストにディテールのあるタイプ

(ウエストにチャックやボタンがあると傷に当たって…(;_;))

※勿論、傷口の痛みが回復すればまた着られます。

<注意点>

それと、帰りはタクシー、バス、車と色々ありますが

共通しているのは”座る”動作。

案外、90度の姿勢で座るのは辛かったりします。

(インテリア編でもお話しましたが)

 

それと、人によっては入院中に腹帯を外すとは思いますが

私は退院してからも術後1.2カ月位はずっと着用していました。

(入院中に看護師さんには早々に外していいと許可を貰いましたが

傷、腸を守る意味でも愛用していました。お腹も温かい(*´`))

 

なので、かなりお腹がポッコリします。

私の場合は腸の腫れ+腹帯+(後に分かる反り腰によるお腹ポッコリ)で

本当に妊娠6.7か月の様でした。

 

<手術後退院後のお腹公開>

その時の写真がこちら↓

結構ポッコリ気味ですが…汗

なので、この頃の

<日々のファッション>

メンズのXLのコットンシャツ×マタニティレギンスに

フラットシューズと言ったコーディネートが多かったです。

 

このメンズのXLサイズはトレンドのビッグシルエットと

レギンスでYラインシルエットでお腹に視線がいくより

”足のライン”に視線が行くように。

それと、目立ちにくい黒の引き締めカラーのボトムスと

ワンポイントの赤のフラットシューズを目立たせてみました。

 

コットンシャツは逆に少し張り感のある素材なので

ふわっとしてても悪目立ちしません。

そして、視線は襟元のボタンを外してVラインに視線を集中。

 

かごバッグで軽やかに春コーデです。

(春と言いつつ私は1年中かごバッグ愛用中です)

<活躍アイテム>

トップスはメンズシャツとメンズスウェットで

ボトムスはレギンスとリブフレアパンツが大活躍してくれました。

 

レギンスは西松屋とUNIQLOのマタニティレギンスです。

それぞれ素材と質感違いで着用していました。

西松屋のはマタニティレギンスパンツです。

地厚な素材感で温かみがあります。

 

UNIQLOのマタニティレギンスは素材がレーヨン:コットンなので

真夏は一枚で~冬はスカートの下にも腫れが収まった今でも愛用中です。

 

その他に活躍したのがやっぱりワンピースですね。

今回の手術を機に、可愛いワンピースとスカートが私のワードローブに増えました!

お腹を悪目立ちさせないpointはワンピースの切り替え場所に

あると思います!

私は胸下や腰下に切替があるものではなく

ウエスト”の所に切替があるものかストンとしたシルエットの物を

選びました。

<私の選びかた>

これって、ある意味骨格診断で流行ったストレート体型での

選び方と一緒だなと思ったり。

逆にジャストなウエスト位置にあるので不自然に目立たず

切替の方に目がいくので気付きにくいのかもしれません。

 

形は柔らかい素材の物でシンプルな形を選んで

色や柄で楽しむ感じにしました。

 

 

<リンパ節切除後についてもちょっとだけ>

そしてここで、リンパ節切除後も踏まえた点としては

靴は基本全てフラットヒールの物にチェンジしました。

ヒールのタイプがある物なら

3cm位のキトンヒールのショートブーツと

厚底(フラットな)のブーツのみ手元に置いて

後は、全てリサイクルショップへ。

 

そのお金を元手に新しい靴を購入しました。

<因みに私が購入したのは>

・夏用に素足で履けるスニーカー

・ビットローファー

・ナロートゥタイプのフラットシューズ

・ぽってり可愛いドクターマーチンなど

又、新たな挑戦と新鮮さがあります。

”病気になった”。

手術をしたというマイナスもありますが

これからは新規一転、新しい私と装いで楽しみたいですよね。

 

<ファッションの参考に>

因みにwearアプリで@yurima22でコーディネートの投稿をしているので

是非機会があれば覗いてみて下さい。

(更新がまめではないのでご了承ください)

※wearは辞めて新しくInstagram(ユーザーネーム@mayuriki___w_)に移行しました。

まだ始めたばかりですが、もし良かったらフォロー、いいね宜しくお願いします。

励みになります。

 

私はこう言った服装に迷った時はこのアプリを活用させて頂いています。

お腹が腫れていて妊婦じゃないのに妊婦に見えてしまうのは

ちょっと…と、悲しい気持ちになるのは分かります。

(太ってる時にも言われた事があります(;_;))

 

なのでこう言ったコーディネートアプリを使って

”太ってみえないのにお洒落”を追求しています。

リンパ節切除後にはむくまない様に

ヒールの靴とも”さようなら”しました。

(因みに足首がキュッとなっているスウェットパンツも)

ヒールの靴じゃなければお洒落が出来ないのか”と言えば

そんな事はありません。

 

フラットシューズでも充分お洒落になれる!

それをモットーに楽しんでいます。

一緒に楽しみましょう。