知ってる?ガンになるともう入れないガン保険について一度考えてみた。

こんにちは。

Mayurikiです。

今日はガン保険について。

今までの記事はこちらから。

 

スポンサーリンク

<ガン保険>

今回私が子宮頸がんになりお世話になった「ガン保険」について

私的体験を基にちょっと見解を。

<私の入っているガン保険は>

因みに私が入っている保険は

チューリッヒ生命のがん保険10年定期タイプです。

<どんなタイプ?>

この保険は10代に結婚した時に主人と一緒に加入しました。

(保険総合窓口にて条件を一緒にした中で最安値でした)

一生保険料が上がらないタイプも考えたのですが、

まだ10代でリスクはそこまで高くないと思い安さに惹かれて選択。

<補償内容は?>

保証は至ってシンプルな物で

上皮内ガンになったら10万円(1回のみ)

悪性腫瘍(ガン)と診断されたら100万円。

ガン治療のために入院したら1日10000円

所定の手術をしたら10万円、15万円、25万円

退院後の通院180日以内で1回5000円

 

<月々の掛け金は?>

月々の支払い金額は380円。

(※加入当初の話です。)

 

<癌発症リスク(予想)>

実際色々調べると女性のがん発症は生涯を通してリスクは変わらないそうです。

その年代によっても発症箇所が変わる事にも私自身今回の体験で感じました。

※子宮がんにも二種類あります。(詳しくはこちらに)

なので若い時から継続して負担のないものとしてこちらを選択しました。

因みに男性のがん発症リスクは50歳からで

2人に1人がガンになると言われているほどでリスクは高め。

ですが、50歳からというのがミソでそれまでは低リスク。

なので現在は、主人のがん保険は抜いて医療保険は総合医療保障のみです。

50歳近くになったら保険料は割高ですが、

1回検討してみる余地はあるかなと思っています

<加入するならいつ?>

そしてもう1つ入る時期について。

何か人生のイベントがあった時(結婚、転職、子供が産まれた時など)や

保険の更新時期など。

そして、もう一つが健康診断です。

健康診断で病気が見つかる事は往々にしてあります。

私自身も市の子宮頸がん健診によって発見しました。

<実際に体験して>

そして、私が実際に1回目の子宮頸がん高度異形成と診断された時

ガン保険から上皮内癌という事で10万円が給付されました。

<新事実!知らないと損するかも…>

その後、10年の更新時期が来た時に保険を見直そうと知らべると

新事実が!

がんになるともうがん保険には入れない!

(私が調べた時には上皮内がんも含まれていました。

現在は変わっているものもあるかもしれません)

<今現在は?>

なのでちょっと高くなってしまったガン保険ですが、

このまま継続することにして今は月々740円です。

<実際の給付内容>

それでもこのまま加入していたお陰で

今回の子宮頸がんと診断され、その際に掛かった治療費と

その前に受けた円錐切除術手術分も賄う事が出来ました。

(高度療養費の適用は受けてもトータルしてその金額は結構な金額です)

それと、今回受けた私の術式は後遺障害も伴う物なので

その分も給付されました。

この分は、今後リンパ浮腫になる可能性があるので

その為の治療費としてとっておく事にしました。

(「リンパ管静脈吻合術」など)

この保険はがんになると払い込み終了とならないタイプになります。

その代わりにがんから根治してから2年経ってから

新たにがんになった時はまた同じ様に保証が受けられます

考えた方やライフスタイルは人それぞれなので

一度考えるきっかけになれば幸いです。

検査を受ける前に保険の見直しを♪

 

<がん保険に入ってない…と、悲観する前に>

がん保険には入れないのですが、医療保険と生命保険には入れます!

それぞれの保険会社によって規約がまちまちなので、詳細はあれですが。

大体はがんになっても「治療してから何年後

というのをクリアして再発していなければ問題なしです!

(保険によっては治療から2年~とか5年~という感じのようです)

 

私は定期的に保険の見直しをFPさんに頼んでやって貰っています。

(保険の代理店というより”総合保険の代理店”から委託されているので無料です)

保険選びについて一長一短な部分があるのですが、

人によっては自分で安いのを探した方がいいと思う方も居れば

(↑昔の私です。てかこれしか頭に無かったです)

お願いして探してきてもらった方が良いと思う人と様々です。

(↑若干今はこっち気味です)

 

で、今の私は両方を実践してます。

そう、ハイブリット!いいとこどりです。

 

更新の時期になるとFPさんから連絡頂けるので把握せずに済み、

安い所探して改正になった所聞いたら調べて来てくれる。

それで、手続きの(書類の用意など)間が少し空くのでその間に私もリサーチして

納得してから」書類にサインしてます。

昔は代理店の所しか紹介してくれないという事もあったようですが、

そこはきちんと「総合代理店」の所を選んでお願いしましょう。

 

今は保険にも様々な種類の物があって、

選択肢も増えて料金体系も安いのから高いものまであります。

因みに、私は去年の10月に主人の生命保険の見直しを行い

年齢は上がっても補償内容は変わらないのに更に安くなりました!

(今って健康診断で問題なしという書類を提出すると

更に保険料を安くしてくれる所もあるんですよね)

 

是非、入っても入らなくても1度相談してみるといいですよ!

ただ、くれぐれもFPさんの口車に乗って無駄な保険には入っちゃ駄目。

本当に必要な所に必要な分だけ、入るのが保険です。

 

 スポンサーリンク

1件のコメント

  1. ピンバック:いくらかかる?治療に掛かった費用公開(まとめ) | MY LIFE.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です