体験レポ02:初めてのお便り(診断結果)、病院巡り

こんにちは。

MAYURIです。

前回の続き。初めての子宮頸がん健診から通知が届いて、病院巡り?!の回です。

スポンサーリンク

<まず検査結果はいつ出るのか?>

子宮頸がん健診はクリニックによって違うようですが

通常検査結果は3週間~1カ月位で分かるそうです。

ただ、市町村の健診の場合は

クリニックで受けた検査結果がそのまま手元に届くのではなく

クリニック→市町村→私の順番になるので、

2~3カ月かかったりします

あのドキドキ感はすっかり忘れていました。

封筒は市町村の物で様式も市町村の物になります。

(病院によっては市から届くより先に送付してくれる所もあります。

様式は病院によって違います)

<私の診断結果は…>

9aa7e627eac5e2a8ef89c40d1c0f6a05_s

そして診断結果は「CIN3 要精密検査」でした。

これだけが書かれているのみのシンプルな物でした。

(実際は謎の暗号ではなくステージ進行期です)

私は”要精密検査”の文字のみで頭が真っ白!になりました。

要精密検査”なんて初めてのフレーズです。

<慌ててクリニック探し>

c2207037a011e694663395652d71b653_s

それから受診したクリニックに連絡したかったのですがあいにくの休診日。

なので、他のクリニックを探して通知を持って受診しました。

するとそこのクリニックでは先生が診断結果を見るや問診も診察台もなく一言。

先生「今、大学病院への紹介状書くから受診してね」。

私「・・・はい?

(大学病院?そんなに大ごとなのか?!)

私「あの、診察しなくていいんですか?

先生「ここに診断結果が書いてあるでしょ

先生謎の暗号「CIN」を指さす。

(それか—–!)

先生「ここでは同じ検査は出来ても治療は出来ないから、受診してね

(治療できない??!)

そんなやり取りで…はい、終了。

最早、やり取りと言うより

紹介状を貰う為に初診料と紹介状で5000円

診察待ち~お会計の為に90分

ただただ、悶々とした気持ちでした。

(なんなやね~ん!!CINって‥‥)

それから急いで車に乗り込み携帯で謎の暗号(CIN)を即検索。

結果は「高度異形成」。

(高度って何!?異形成って・・・・携帯を持つ手が震えます)

そのまま母に電話して診断結果を伝えると

直ぐに受診しなさいとのことでしたので

そのままクリニックの駐車場の車の中で

大学病院へ電話しました。

受付センターで

「子宮頸がん健診を受けて

診断結果が高度異形成だったことと紹介状を貰った」

旨を伝えると

直ぐに「受診してください」という事で

その足でそのまま大学病院に行きました。

そこから私の子宮頸がんとの長い長い付き合いが始まるとは、

思ってもみませんでした。

<初めて大学病院の婦人科へ>

d4ea11829d1535acd938e5b036ae17f0_s

病院の受付で初診の為の手続きをして婦人科へ

婦人科に行くとまず、

今まで個人のクリニックに行っていたのでその患者さんの数に

圧倒されてしまいました。

そこで受付に診察カードと用紙を渡すと

カルテ用の問診票を記入する様に促され

記入して自分の番号が呼ばれるまで待つことに。

その間ずっとひたすら携帯で検索し続けたワード

”「高度異形成」と「子宮頸がん」”

上から順にクリックし続けて読み漁る事2時間!

afb065bb2efcc17d47abc81bfc767f45_s

2時間が過ぎ検索疲れてきた頃にやっと呼ばれ診察室へ。

担当の先生は私よりちょっと年上位の女医の方でした。

診断結果に驚き、検索し続け、これからの事が頭をよぎり

同じフレーズが頭の中でエンドレスに流れて

私の心も頭もパンク寸前だった時に

この先生に丁寧に説明してもらい追加の細胞診と触診を受けて

次回の予約(4週間後)をしてその日の診察は終了。

(因みにサラッと細胞診を書きましたが今回の細胞診は

めん棒で撫でる細胞診ではなく

コルポススコープという方法の細胞診で

子宮頸部の細胞の一部を器具を使って

採取して検査するものです(プチっと)。

なので、初めての時はビックリしてちょっとその後少しだけ出血しました。

痛みは一瞬うん?!と言った感じでした。

これも先生による個人差や自分の状態によって差があります。

実際、違和感だけで痛みを感じない時もあったり

逆に出血が止まらない時もあったり)

それよりも触診の方がビックリしました。

この触診はもう一つの穴の方(/ω\)に

手というか指を突っ込まれます!

(失礼しますと言われて指を突っ込まれた瞬間、!!!?

と一人悶絶)

がんが進行するとある部分が硬くなるそうでそれを触診して

確かめるそうなんですが、

一瞬とは言え、こんな無防備な状態で何という検査なんだと

一人心の中で嘆いていました。

それから書類(カルテ作成)待ち、会計待ちと更に90分。

それから帰宅したのはもう夕方に近づいていました。

スポンサーリンク

3件のコメント

  1. ピンバック:大学病院、二回目の受診と治療方法の提示(レーザー蒸散術と円錐切除術) | MY LIFE.

  2. ピンバック:いくらかかる?治療に掛かった費用公開(まとめ) | MY LIFE.

  3. ピンバック:組織診と細胞診って何?と検診結果の見方と今後の検査、治療方法について | with GUN.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です